2015年のハロウィンっていつ?かぼちゃの起源は?仮装する意味は?

日本でも馴染みが深くなりつつある、「ハロウィンパーティー」。

アメリカでは年に一回の風習として、子供たちが仮装し、
各家庭を訪問してお菓子をもらっています。Halloween3

ハロウィンといえば、かぼちゃも印象深いですよね。

なぜかぼちゃなのか?
なぜ仮装するのか?
その意味を知っていますか?

ここでは、ハロウィンのかぼちゃの起源や仮装の意味についてご紹介します。

スポンサードリンク

2015年のハロウィンっていつ?

日本ではあまりハロウィンの習慣はありませんでしたが、近年になって、商業的な理由からか急激に、ハロウィンが飾られるようになりました。

10月に入らぬうちに、1ヶ月近くも、店舗ディスプレイはカボチャのお化けでいっぱいですよね。

さて、ハロウィンの日は、秋分の日などと違って、毎年かわったりするものではありません。

ハロウィンは10月31日と決まっているのです。それも、です。

ハロウィーンの始まりは?
ハロウィーンの始まり
昔、11月1日は、万聖節とよばれ、その年の始まりの日だったそうです。 11月1日の前の晩、つまり、10月31日は 死者が地中からよみがえる、とされていたようです。

ハロウィンのかぼちゃの起源は?

Halloweenハロウィンと言えば、かぼちゃのお化けが有名ですが、なぜかぼちゃのお化けなんでしょうか?

あのかぼちゃのお化けは英語で、”Jack-o’-Lantern(ジャック・オ・ランタン)”といいます。

 直訳すると、「ジャックのちょうちん」という意味です。 

この、「ジャックオランタン」はもともとカブで作られていました。

「ジャックオランタン」の起源は?

「ジャックオランタン」の始まりについては次のような言い伝えがあります。

スポンサードリンク

アイルランドの伝承の中で、鍛冶屋のジャックという酒飲みでケチでうそつきの男がおりました。
あるハロウィンの夜、酔っぱらったジャックはパブで悪魔に会い魂をとられそうになりますが、そこは悪知恵働くジャックですから、嘘をついて悪魔を追っ払います。
しばらくすると悪魔はまたジャックの魂をとりにいきますが、悪魔はジャックにまただまされて「ジャックの魂は絶対奪わない」と約束をさせられます。
月日は経ちジャックはなくなりますが、悪さばかりしていたジャックは天国入りを断られ地獄に送られます。
しかし、ジャックは悪魔と「ジャックの魂は奪わない」と約束していたために地獄に行くことも断られます。
こんなわけでジャックはもと来た暗い道を帰るのですが、暗くて見えないと困るだろうと炎をくれたのですが、消えては困るからカブでランタンを作ったといわれます。
それ以来ジャックは地獄と天国の狭間をふらふらするようになったといわれたいます。
これが、「Jack-o’-Lantern ジャックオランタン」の始まりです。

Halloween4カブがかぼちゃになった理由は?

この、カブがかぼちゃになったのはアイルランドの人々がアメリカに移住してからのようです。
きっとカブの栽培より、かぼちゃの栽培のほうが向いてたんでしょうね。

また、カブよりかぼちゃのほうが加工が簡単だったんでしょう。

ハロウィンで仮装をする意味は?

ハロウィンの風物詩として”仮装”があります。

あの仮装にも実は意味があります。

古代ケルト人にとって、kasou
大晦日(10月31日)は、
魔物がやってくる日でした。

地上をさまよい歩き悪さをする魔物を恐れて、
魔物と同じ格好をするようになりました。

 「同じ魔物で、人間ではなく仲間ですよ」とアピールすることで、 難を逃れようとしたの です。

これが仮装の始まりと言われています。

okasiお菓子をあげる風習は?

お菓子をあげる風習も、
家の中に魔物が入ってきたら困るので、
ご機嫌よく帰ってもらうためにお菓子をあげるようになりました。

まとめ

●ハロウィンは10月31日の夜で、死者が地中からよみがえる日とされている。
●ハロウィンのかぼちゃは直訳すると「ジャックのちょうちん」でもともとはカブで作ったものだった。
●仮装の意味は「同じ魔物で、人間ではなく仲間ですよ」とアピールすることで、魔物の難を逃れようとしたもの
●お菓子をあげる風習も、魔物が入ってきたら困るので、ご機嫌よく帰ってもらうために もの
スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP