年賀状のマナー|宛名の書き方は?連名の場合の書き方は?

12月になり、年賀状の準備をする時期になってきました。宛名2

年賀状の裏面は工夫して毎年いろいろ考えるのですが、
ふと悩むのが、表面の宛名の書き方ではないでしょうか。

特に家族の名前を入れる場合の連名の正しい書き方です。

そこでこの記事では、年賀状の書き方として、
宛名書きの基本事項と正しい連名の使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状のマナーで宛名はどう書くの?

年賀状の宛名の書き方の基本は?

年賀状の宛名を書く際は、以下の点に注意しましょう

・宛名を赤色で書かない。

・修正テープ・修正ペンを使わない。

・二重線を引いて書き直せない。

・名前などは省略した文字ではなく正しい漢字を使う。

書き間違えてた場合はどうするの?

書き間違えたら修正はしないで、新しいハガキを使いましょう。

なお、書き間違えたハガキは郵便局で5円の手数料を払えば、
新しいハガキと交換してくれますよ。

年賀状の宛名の正しい書き方は?

縦書きと横書きの使い分け方は?

年賀状の本文が縦書きなら宛名も縦書き、
本文が横書きなら横書きが基本です。宛名1

でも、目上の人や会社の上司、仕事関係の人に、
年賀状を出すときは縦書きの方が、
失礼がない書き方になります。

ですから、一般的には縦書きの方が無難でしょう。

宛名の数字の書き方は?

宛名の数字の書き方は、
縦書きなら一、二、三などの漢数字、
横書きなら1、2、3の英数字を使宇野が、正しい書き方です。

年賀状のマナー 宛名の連名の書き方は?

年賀状で宛名、 特に連名は出す相手によって書き方が変わってきます。 

送り先の相手にあった書き方で年賀状を出しましょう。

夫婦や家族宛の場合の連名の書き方

夫婦や家族宛に年賀状を出す場合は
奥さんの名前も書くか、子供がいる場合は子供の名前も書くかなどと迷いますね。

スポンサードリンク

これには正解がありません。宛名2

奥さんの名前や子供の名前を書かずに出してもマナー違反や失礼なことはありません。

年賀状を出すあなたと、先方の家族の親密の程度により、決めれば良いでしょう。

家族ぐるみで、お付き合いがある場合など、奥さんや子供と顔見知りであれば
家族の名前も連名で書いた方が望ましいと思います。

貰った相手は、自分の名前が書いてあると嬉しいはずですから。

夫婦や家族宛に、連名で宛先を作書くときは
まず
世帯主が一番右でフルネーム+敬称で
次に
妻、子供の順番に書いていき、妻、子供は苗字を省略します。

子供の人数が多く書き切れない場合は、子供の名前を省略して夫婦連名で宛名を書く
あるいは
○○家族一同様と書くのが良いでしょう

この連名の書き方は、
友達や親戚や会社の同僚などにの場合でも失礼にあたらない書き方になります。

会社関係の宛名の連名の書き方

会社関係者す宛に年賀状出すときには特に色々と気を使うものですよね。

上司など相手が特定の場合に連名で悩むことはないと思いますが
取引先の会社関係でいつもお世話になっている担当者の人が数人いる場合など

そもそも連名でいいのかと考えしまいますよね。年賀会社-2

 

この場合の正解は

会社関係で年賀状出すときは基本的に連名は使いません。

 

取引先のお世話になっている担当者の数が数人いる場合は

・それぞれの担当者に複数の年賀状送る
または
・○○株式会社 ××部などのように、部署全体を宛名にして出す。
のが良いでしょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

調布の花火大会の日程は?見どころは?おすすめスポットは?
祇園祭の宵山2016の見所は?ちまきの由来は?混雑をさけるには?
新居浜太鼓祭り「ちょうさじゃ」って?見どころは?2016の日程は?
新潟の片貝まつりの花火|特徴は?番付表って?有料席の購入は?
東海の紅葉 ランキング|岩屋堂公園の見頃は?定光寺は?
喪中はがきの礼儀|出す範囲は?書き方は?出す時期は?
豊田花火大会2016の日程・見所は?混雑は?お勧めスポットは?
こどもの日(初節句)の兜の意味は?値段は?誰が買うの?
滋賀県大津祭の日程・見所は?からくりって何?ちまきのGET法は?
暑中見舞いの時期っていつから?書き方のマナーは?返信の文例は?
長岡花火大会2016の日程は?見所は?おすすめの観覧場所は?
お月見の由来や意味は?うさぎの由来は?お団子を供える意味は?
関西のお寺の紅葉の見ごろは?湖東三山西明寺は?東山(永観堂)は?
札幌オータムフェスト2015の期間は?会場イベントは?楽しみ方は?
足利花火大会の日程は?有料席チケットは?穴場スポットは?

Menu

HOME

TOP