クリスマス料理の定番がチキンの理由は?チキン以外は?アメリカでは何食べる?

今年も、クリスマスがせまってきましたね。チキン2
さて、クリスマス料理の定番といえば、チキンですよね。
では、なぜチキンを食べるようになったのでしょうか?
その理由ってご存知ですか?
またチキン以外の料理は何が定番なのでしょうか
実際、アメリカではどうなのでしょうか?
そんな、疑問にお答えします。

スポンサードリンク

クリスマスでチキンを食べるようになった理由は?

クリスマスにはふだんは高価でなかなか食べられないご馳走を食べたいということから、過去の時代のヨーロッパではガチョウをクリスマスに食べていました。

コロンブスがアメリカ大陸を発見してからヨーロッパ人が続々とアメリカへやってきました。

アメリカでは同じようにガチョウを食べるより野生の七面鳥が安くて手に入りやすいご馳走肉として広まりました。

さらにその後日本ではその真似をしようとしたのですが、
ガチョウも七面鳥も手に入りにくいため、ヨーロッパやアメリカでも予備的に食べられていたチキンを食べるのが増えてきたんです。

チキンなら日本でも簡単に手に入りますし、
ケンタッキーフライドチキンなどがアメリカ風のクリスマスとして宣伝したことも大きいでしょうね。

クリスマス料理でチキン以外のおすすめは?

クリスマスパーティーを楽しむためには、見た目にもゴージャスでおしゃれなレシピをセレクトしたいですね!

クリスマス料理の定番でチキン以外では
まずは豪華にローストビーフが思い浮かびました。

他にはビーフシチュー、グラタン、ラザニア、ミートローフなど。
グラタンも牡蠣などちょっとぜいたくなのもどうですか?

ひき肉、パン粉、卵、たくさんのミックスベジタブルを良く混ぜて耐熱皿に入れて焼いたミートローフも彩りがきれいです。

また、いくらパーティーだからといって、メインばかりの食卓ではつまらなくなってしまいます。

ここで大切なのは、メインを引き立ててくれるメニューの存在です。

やっぱり大切なのはサラダですよね。Xmasuサラダ

パーティーにピッタリなサラダのレシピとして、1番に挙げられるのはシーザーサラダです。

洋風のお料理が並ぶクリスマスにはピッタリですし、ドレッシングを購入すれば簡単に作ることができます。

それから、生ハムなどを用いたサラダも、パーティーらしさが演出できて素敵ですね!

スポンサードリンク

ところで、クリスマスにこんなデザートもいいですね。
▼▼クリック▼▼


アメリカのクリスマス料理の定番は何?

さて、アメリカのクリスマス料理の定番は何でしょうか?

アメリカではクリスマスはレストランも閉まっていますので外食はしません。

もちろん、ケンタッキーフライドチキンのチキンも食べませんよ。

ポピュラーなものとして、ぱっと思いつくのが、

七面鳥(ターキー)とハムです。7mentyou
それに加えて、ローストビーフ。

そして、もちろん、鶏の丸焼きもありますね。

日本では、ほとんど見かけることのない
七面鳥ですが、クリスマスの定番料理です。

ハムと言うと、日本では
スライスした、朝食に食べるハムを
イメージしますが、アメリカのハムは違います。

ハムの固まりを、オーブンで
ばーんと丸ごと焼いて、2~3センチの厚さにbeef
スライスして、ステーキのようにして食べるのです。

また、ハムと同様にローストビーフのかたまりをオーブンで
じっくり焼き上げて、好きな厚さにスライスして
メイン料理として食べるのです。

そして、鶏料理ですが、手羽先やモモ肉などを、ちまちま
料理するというより、バーンと1羽、丸焼きします。

これらに共通するのは、
大きな肉の塊をオーブンで、時間をかけて料理する。

日本に比べて、ダイナミックな料理ですね。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP