梅雨の読み方はなぜ「つゆ」?梅雨の語源は ?英語で説明すると?

もうすぐ6月、梅雨の季節ですね。ところであなたは「梅雨」の飲み方や語源ついてご存知ですか?
tuyu2
お子様に聞かれて説明できますか?

よく使われる言葉なんですが…困りますよね。

そこで、梅雨の読み方や語源、英語で説明するとどうなのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

梅雨の読み方って「つゆ」それとも「ばいう」?

まず、梅雨の意味について

ウィキペディア(フリー百科事典)の説明は次のとおりです。

梅雨(つゆ、ばいう)は、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、中国の南部から長江流域にかけての沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。雨季の一種である

梅雨は、「つゆ」とも「ばいう」とも読まれますが、もともとは、「梅雨(ばいう)」として伝わってきた言葉です。
中国は揚子江流域で、梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨と呼んでいます。
日本で、梅雨を「ツユ」と呼ぶようになったのは江戸時代の頃からです。

次に「梅雨」の読み方について、

「梅雨」を含む熟語を調べると、「梅雨前線(ばいうぜんせん)」以外にはすべて【つゆ】と読んでいました。
また、「梅雨入り」を意味する学術用語「入梅(にゅうばい)」は、【ばいう】の読み方と分類することができそうです。

どうやら、「○○梅雨」「梅雨○○」と付く3字以上の熟語について、○○の部分が「音読み」の場合は【ばいう】と音読みで読み、逆に、○○の部分が「訓読み」の場合は【つゆ】と読むようです。

なお、単独で「梅雨」と書いた場合には【つゆ】【ばいう】の使い分けはないですが、学術的には【ばいう】と読むようです。

梅雨(つゆ、ばいう)の語源は?

語源については諸説が列挙すると以下のとおりです。

スポンサードリンク
  • ・「黴雨(ばいう)」、すなわち黴(かび)を生えさせる雨の意味であるという説
    ・梅の実が熟してつぶれる時期にふる雨なので、“つぶれる”を意味する「潰ゆ(つゆ)」からきているという説
    ・気温も湿度も高くなり、カビが生えやすくなることから「黴雨」といわれ、これが「梅雨」となったという説
    ・木の葉などにおりる「露(つゆ)」からきているという説
    ・「梅」のつくりになっている「毎」は、毎度とか毎日とか、連続して雨が降るこの時期に梅雨という漢字が当てられたという説。

いろいろな説がありますね。
梅雨の時期はちょうど梅の実が熟す頃だからという説が有力ですね。

梅雨(つゆ、ばいう)を英語で説明すると?

“Plum rain” is the word that expresses a season in Japan
梅雨は、日本の季節を表す言葉

The rainy season, tsuyu, lasts from the beginning of June to mid-July in mainland Japan. It affects Okinawa about a month earlier but does not reach Hokkaido. Tsuyu literally means plum rain. One of the reasons why it’s called tsuyu is that it occurs when plums are ripening. The phrase “plum rain” therefore embodies various aspects of Japan in this season.


日本の雨季である梅雨は、日本全体で6月初旬頃に始まり、7月中旬くらいに終わります。日本の南部の沖縄の島々は1カ月早く始まり、(北部にある)北海道はほとんど梅雨の影響を受けないのも特徴。梅雨は、文字通り“梅”の“雨”を意味し、由来は多種あるものの、この季節が梅の実が熟す季節から来ているからとされるなど、“梅雨”はこの季節の日本のいろんな側面を表した言葉なのです。

まとめ

・梅雨の読み方梅雨は、「つゆ」とも「ばいう」とも読まれるが、もともとは、「梅雨(ばいう)」として中国から伝わった。
・日本で、梅雨を「ツユ」と呼ぶようになったのは江戸時代の頃から
・梅雨の語源については諸説があるが、梅雨の時期はちょうど梅の実が熟す頃だからという説が有力
・ 英語で説明すると “Plum rain” is the word that expresses a season in Japan( 梅雨は、日本の季節を表す言葉)
 梅雨”はこの季節の日本のいろんな側面を表した言葉 なのです
スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP