老眼のチェック方法は?老眼の改善に役立つ食べ物は?サプリは?

最近、目の調子が悪い。特に小さい字が見えにくい・・・
そんな経験はありませんか?老眼3
あなたの目は老眼かもしれません。
もし老眼だったら、改善するにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは、あなたの目の老眼のチェック方法をご紹介するとともに、
老眼の改善に役立つ食べ物やサプリをご紹介します。

あなたの目は老眼?チェック方法は?

まず、簡単にできる老眼のチェック方法をご紹介します。
視力が落ちたと感じたときに、以下のようなチェックをしてみましょう。老眼

老眼のチェック方法
1.明るさが一定の場所(室内)に腰掛けます。
2.指先の指紋側を顔側に向けて、鼻の前におきます
3.ゆっくり、少しずつ指を遠ざけていきます。
指紋が見えなくなったところで、ストップ。
4.指先と顔の距離を測ります。

この指紋がはっきり見える距離のことを、近点と呼び、目のピントが一番近くであう場所のことです。

近点のおおよその目安
30才……14センチ
40才……20センチ
45才……40センチ

近点は、加齢とともに距離が長くなります。
60才を超えて、老眼が進むと100センチを超えても近点は合わなくなる人もいます。

あなたも、チェックしてみてください。

老眼の改善にはどんな食べ物が良いか。

チェックの結果、あなたの目はいかがでしたか?
もし老眼の傾向がが明らかでしたら、その予防・改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

実は、老眼の予防・改善のためには体全体の血の巡りをスムーズにして
新陳代謝を良くする栄養素を普段から摂ることがとても大切なんです。

目に良い栄養素は?

それでは、新陳代謝を良くするため、目に良い栄養素とはどのようなものでしょうか。目に良い、眼精疲労の緩和や老眼予防、回復などが期待できる栄養素
と言われているのはアントシアニン、ルテイン、dHa、アスタキサンチン、コラーゲン、コンドロイチンなどです。

また、ビタミン類や亜鉛などのミネラルも目にとって、とても大事な栄養素です。ですから、以上の栄養素を含む食べ物をバランスよく取ることが大切なんです。

スポンサードリンク

目に良い食材は?

目に良い栄養素とそれを含む主な食材
アントシアニン=ブルーベリー・ナス・黒豆・紫玉ねぎ・赤ワイン

・ルテイン=ケール・ほうれん草・ブロッコリー・芽キャベツ・卵黄

・dha=アジ・イワシ・サバ・サンマ・マグロ

・アスタキサンチン=サケ・イクラ・エビ・カニ

・コラーゲン=フカヒレ・ウナギの蒲焼き・サケ・牛スジ・鶏手羽・すっぽん

・コンドロイチン=山芋・オクラ・納豆・なめこ・フカヒレ・ツバメの巣

・亜鉛=牡蠣・ウナギ・レバー・卵・煮干し・干ししいたけ

・ビタミンa=にんじん・ほうれん草・小松菜・パセリ・のり・ウナギ・銀ムツ・豚、鶏などのレバー

・ビタミンb1=玄米・大豆・ニンニク・卵・かつお・豚肉

・ビタミンb2=納豆・牛乳・マイタケ・うなぎ・レバー

・ビタミンb6=大豆・ニンニク・さんま・まぐろ・レバー

・ビタミンc=ブロッコリー・赤ピーマン・芽キャベツ・パセリ

キウイフルーツ・アセロラジュース・イチゴ・キンカン・柿

・ビタミンe=アーモンド・落花生・かぼちゃ・ウナギ

老眼の改善にサプリメントは必要か?

老眼の改善には先にあげた食材を含む食品を食べ、必要な栄養素をバランスよく取れば良いのはわかりますが、それ決して容易ではありません。それは、こうした食材の中には、消化吸収されにくいものもあるからです。熱すると効果がないものもあります。その結果、たとえバランスよく食べても、どうしても栄養がアンバランスになり、不足してしまう栄養素も発生します。

不足しがちな栄養素の補う手段としてサプリが必要

このような、不足しがちな栄養素の補う手軽な手軽な手段としてサプリメントを利用するやり方は、
サプリメント大国といわれる米国では一般に普及しています。日本でも、最近、そのような、サプリメントが普及しつつあります。

老眼の改善の場合にはは、サプリメントを利用することで食事+サプリで目に良い栄養素のバランスが改善しやすくなるのです。

ですから、サプリメントを上手く取り入れながら、老眼の症状の予防や回復を目指すというやり方は
少しでも目の若さを保つために有効な方法と言えるでしょう。

 

※例えば、アントシアニンを手軽に摂れるサプリメントはこチラの記事で紹介中です。2014y03m26d_235305261

「北の国から届いたブルーベリー」 目が疲れやすいを改善するならコレ!

「北の国から届いたブルーベリー」はアントシアニンの含有量がトップクラスのサプリですよ。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP