がんの傾向の変化とは?リスクは半減できる?対策は検診と何?

“がん” は1981年(昭和56年)より日本人の死因の第1位で、現在では、年間36万人の国民が“がん”で亡くなっています。
gantrend_all
ここでは、そんな怖いがんの最近の傾向を概観し、がんのリスクを半減するための対策についてご紹介します。

がんの傾向が変わってきているって?

男女別がん患者数の変化

現役世代では、女性のがん患者数は男性を大きく上回ります。

働き盛りの女性のがんの罹患率は20代では男性の約1.7倍、30代では男性の約2.6倍に増えています。

20~40歳代の若い年齢層で子宮頸がん、乳がんの羅漢率が増えているからです。
2016y01m31d_102057130

がんの種類と傾向の変化

がんには「アジア型がん」と「欧米型がん」の2種類があります。

「アジア型」は減少傾向

「アジア型」は、胃がん、子宮頸がん、肝蔵がんなどのウイルスや細菌が原因で感染するがんです。
日本の衛生環境が整ってきたこともあり、これらのがんは徐々に減少しています。

「欧米型」は増加傾向

一方、肺がん、乳がん、子宮体がん、前立腺がん、大腸がんなどの「欧米型」は増加傾向です。

これらが増えている背景には、喫煙の習慣や運動不足などの現代的な生活のほか、肉食による動物性脂肪の摂り過ぎのような、食生活の欧米化があると考えられています。

たとえば、ハワイに移住した日本人は、2せ・3世と代が下るにつれて「アジア型」の胃がんが減り、「欧米型」の乳がんや前立腺がんが増加します。

一方で、ブラジルに移住した日本人にはそうした変化は見られません。

スポンサードリンク

これはブラジルの衛生環境や食生活が音の日本に近いためだと考えられ、がんと生活習慣との深い関係がうかがえます。

がんのリスクは半減できるか?

がんのリスクは半分に減らせます

がん予防のためには、タバコやアルコールの大量摂取をしないことです。
ganntaisak
毎日の食事も、バランスのよいものを心がけましょう。

運動も欠かせません
少し汗をかき、心地よいと感じる程度のウオーキングから始めましょう。

こうした生活習慣の改尊でがんリスクを半分に減らせますが、
残念ながらゼロにはならず、あとの半分は「運」としか言いようがありません。

がん対策は検診と生活習慣の改善がポイント!

がん対策の仕上げは「検診」!

がんの治療は進化しており、早期がんであれば90%は治る可能性があるのです。

アメリカでは、検診で早期がんが見つかると「おめでとう-」と言われるほどです。
gankennsa
早期がんに症状はなく、定期検診だけが唯一の発見手段となります。

がんが発見できる1cm大の大きさになるのは、10~15年ほどかかります。

早期がんと呼ばれるのは、2cmくらいまでのがんです。

ところが、1cmから2cmの大ききになるのは、わずか1~2年。
gansouki
だからこそ、早期発見が大切なのです。

結論は

だからこそ、

生活習慣の改善と、定期検診の2本立てで、

しっかりとがん対策を行うことが大切なのです!

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

糖質制限でがん予防できるか?食後高血糖とインスリンががんのリスクを高める理由とは? 
がん検診のおすすめは?受診方法は?がん対策の備えいつから?
がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?
糖質制限の効果って?健康に良い?ダイエットできる?糖尿病が治る?
日本の四大疾病の増加原因は?がん細胞の増殖を防ぎ、予防する方法とは?
アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?
梅雨時の体調不良の原因|うつ病が悪化しやすい原因と対策は?
大腸がんの4大リスク要因は?日本の患者数増加理由は?リスク低下対策は?
がんを予防する食事とは?運動とは?心の持ちようとは?
熱中症が増加した理由は?主な症状は?予防のポイントは?
糖尿病患者は熱中症に注意!糖尿病患者の熱中症対策は?飲み物は?  
糖尿病 とは?糖尿病は動脈硬化の原因?癌のリスクも高める?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
ココナッツオイルで糖尿病が改善することが双子の研究で判明!認知症にも効果あり?
梅雨時の体調不良の予防対策|偏頭痛の原因と予防対策は?

Menu

HOME

TOP