糖尿病 とは?糖尿病は動脈硬化の原因?癌のリスクも高める?

2013年に日本糖尿病学会と日本癌学会が合同委員会をつくり、gankensa
糖尿病とガンに関する因果関係について報告しました。

その結果、糖尿病患者の中で様々なガンがふえていることが明らかになりました。
そこで、ここでは、糖尿病と癌の関係をまとめました。

 糖尿病 とは

糖尿病とは一口で言うと、インスリンホルモンの働きが悪くなり、血液中のブドウ糖の値=血糖値が異常に高くなってしまう病気のことです。
健常者の場合、血糖値は空腹時でおよそ100mg/dl未満、食後は140mg/dl未満に保たれています。

これが空腹時126以上、または食後200以上になると糖尿病と診断されます。
iinslin
何らかの原因でインスリンがまったく分泌されなくなる1型糖尿病と、生活習慣をきっかけに発症する2型糖尿病、そして遺伝子異常に伴うもの、大きくはこの3つに分けられます。
いずれにせよ、糖尿病になるとすい臓の細胞が破壊されてしまい、インスリンが足りなくなる、もしくは完全に枯渇してしまいます。

糖尿病で怖いのは3大合併症と動脈硬化

糖尿病で本当に恐ろしいのは、糖尿病そのものよりも、糖尿病が発端で発症してしまう合併症です。

糖尿病には三大合併症といわれるものがあります。細小血管が傷むことによって起こる、腎臓、目、そして神経の障害です。

腎症から人工透析へ、網膜症から失明へ、神経障害から起立性低血圧や尿失禁へと進んでしまうというのが、糖尿病の悪いシナリオです。images

スポンサードリンク

そしてこの三大合併症と並んでリスクの高い病気が、動脈硬化症です。
糖尿病から動脈硬化症へ進むと、冠動脈疾患といった心臓病や脳卒中などの脳血管障害、そして足に障害が起こってきます。

足は心臓から距離が離れているので、動脈硬化症の影響が出やすい部位です。domyaku
動脈硬化が全身で進んでいくと、太ももや骨盤のあたりで血管が詰まり、足先の血流が悪くなります。
心臓に近い手の場合は、詰まるほどの動脈硬化はなかなか起こりませんし、もし起こったとしても、さほど問題になるような症状まで至らないのが常です。
しかし心臓から離れている足が動脈硬化になると、血管が3本に枝分かれする前の部分で詰まってしまい、足全体に血液が行きわたらなくなり、障害が現れるのです。最悪の場合は下枝切断ということになってしまいます。

糖尿病が 癌のリスクを高める理由は?

高血糖はまた、ガンのリスクを高めます。大腸ガンや肝臓ガン、すい臓ガンは、普通の人と比べて、images
糖尿病の人の発症率が1.8~1.9倍も高くなります。

それ以外にも、子宮体ガンや乳ガンのリスクも高まります。

ガン細胞というのはブドウ糖だけをエネルギー源にします。

そのために高血糖状態の体ではエネルギー源を取り込みやすく、増殖しやすいからと考えられます。

ですから、がんを予防し健康寿命を延ばすためには、まず糖尿病を改善しておく必要があるのです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

糖尿病がワーストの都道府県は?徳島県と香川県のワースト原因は?
糖質制限食 江部先生の方法|スーパー、 スタンダード、 プチとは?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
梅雨時の体調不良の原因|うつ病が悪化しやすい原因と対策は?
香川は糖尿病のワースト県?うどん消費量は?原因はうどんだけ?
癌が発生する原因は?免疫システムの仕組みとは?癌を防ぐ食事とは?
糖尿病予防のための食事療法とは?食べて良い食品は?食べ方は?
熱中症予防の根本対策とは?肉食は血液の放熱効果を高める!とは?
DHA&EPAの効能は?一日に必要な摂取量は?サプリのおすすめ理由は?
コーヒーと緑茶が糖尿病リスクを軽減し予防する!?その理由とは?
喫煙と癌の関係は?喫煙率の推移 (厚生労働省)は?アルツハイマーとの関係は?
肉を食べすぎると癌になるって本当?肉と癌の関係は?糖質制限で予防できるとは?
日本の四大疾病の増加原因は?がん細胞の増殖を防ぎ、予防する方法とは?
がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?
癌の死亡率の推移は?部位別では?がんを予防する方法は?

Menu

HOME

TOP