がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?

早期発見で9割が完治すると言われるがん。gankennsin
早期がんの大きさは約2cm。
がんが1cmの大きさになるまでは10年以上かかりますが、それから2cmに成長するには、1~2年程度しかかかりません。
定期検診の受診こそが、がんを遠ざける唯一の方法です。

ここでは、早期発見のためのがん検診の効果、受信時期、検査の種類や方法をご紹介します。

スポンサードリンク

がんを早期発見する方法:検診の効果はあるか?

「がんの早期発見」の意義は「治癒可能な、早期のがんをみつけること」につきます。

検診を受けないよりは受けたほうがいいのは間違いないことですが、どこで、どんな検診を受けるかが重要です。

でも、理想のがん検診を受けることができたとしても、がん全体の約65~70%程度しか発見できないそうで、特に肺・乳腺・子宮体部・膵臓・胆管の本当の「治癒可能な早期がん」をみつけることは困難だそうです。

しかし、がん検診によって、早期がんが発見されて、治癒できている人が多数いることも事実です。
また、ほとんどのがんは、かなり進行してくるまで自覚症状がなく、自覚症状がでた段階では、すでに手遅れになっているケースが多いのも現状です。

それでも、多くの場合、がん検診はがんを早期に発見する価値があるので効果があるといえるでしょう。。

がんの早期発見のための検診はいつ受けるべき?

早期発見とは、自覚症状が出てからすぐに病院に行くということではありません。
がんの代表的な自覚症状である痛みは、おもに転移によるものなので、痛みを感じてからでは遅いのです。

早期がんの治療は、比較的簡単です。gankensa
一方、リンパ腺に転移したがんは、治療は大変ですが不可能ではありません。
しかしほかの臓器に転移してしまうと、完治はほぼ望めません。

つまり、自分は健康だと感じている時こそ検診が必要なのです。

がん検診の種類と方法は?

がんの検診は簡単にできる!

がん検診というと重々しい印象を持たれるかもしれません。エコー検査

スポンサードリンク

しかし実はとても簡単で、基本的に体の内部を撮影したり、血液を採取したりするだけで、体にあまり負担をかけずにがんを発見することが可能です。
このように、気軽に検診ができるにもかかわらず、日本では受診率が高くありません。
検査が億劫、重大な病気が発見されるのが怖い…いろいろな気持ちがあると思いますが、早期発見がいかに大切であるかをしっかりと認識して、まずは検診を受けてみましょう。

がん検診の方法は?

画像診断
がんの早期発見を目的とする検査が「画像診断」です。最も一般的なのは「×線(レントゲン)検査」です。mri
さらに詳細なデータが必要な場合は、CT検査MRI検査がおこなわれます。
CT検査は×線を照射し、コンピューターを使って体を輪切りにした映像をつくる検査で、肺がんなど体の深部のがんの発見に有効です。
MRI検査は強い磁場を使って撮影するもので、脳や脊髄など骨に固まれた部分の撮影に使います。
放射線の影響がないことも利点です。

 

腫瘍マーカー
syuyomak  血液を採取し、がん細胞がつくる物質を検査する方法です。とても簡単なのですが、がん以外の病気でこの物質が増えることも
あるため、すぐにがんと断定できるわけではありません。

 

PET検診
体内のがん細胞に印をつけて、特殊な機材で撮影する検査です。pet
ただし、これだけでは発見できないがんもあります。
逆にほかの検査でわからないがんがPET検診で見つかることもあるため、いくつかの検査と組み合わせておこなうのが効果的です。

 

 

病理検査 
byorikensaこうした検査で疑わしい部分が見つかった場合は、最終的な診断として「病理検査」をおこないます。
体から組織を採取して顕微鏡で検査するもので、がんであるかどうか、悪性の度合いなどが詳しくわかります。
スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP