がん検診のおすすめは?受診方法は?がん対策の備えいつから?

1口にがんといっても、臓器ごとに性質は千差万別です。
そのため、早期発見、早期治療がすべての場合で望ましいとは限りません。
たとえば、90歳の男性に早期の前立腺がんが見つかったとしましょう。
このがんは症状が出るまでに10~20年かかるため、体に負担がかかる
治療は避けて様子を見るのが賢明と言えます。

ここでは、検診がおすすめのがんを明らかにし受診方法を紹介し、がん対策の備えはいつから行うべきかを明らかにします。

スポンサードリンク

がん 検診 おすすめは「5がん」検診!その理由は?

大腸がん、子宮頸がん、乳がん、肺がん、胃がんの5つは、
検診で発見できる可能性が高いと言われる「検診向きのがん」です。
そこでこの「5がん」に対しては国も受診を推奨していますが、残念ながら日本の受診率は先進国で最低レベル。
とりわけ子宮頸がん検診や乳がん検診(マンモグラフィー検診)においては、アメリカ
では80%以上の女性が受けているにもかかわらず、日本では30%台し
か受けておらず大差があります。
欧米では減っているがん死亡が日本では増えつつあるとされるのも、この受診率の
低さが原因と考えられるのです。

スポンサードリンク

がん 検診の受信方法は?

住民票のある役所に連絡して、「がん検診を受けたいのですが」と言うだけなので簡単です。

子宮頸がん検診

20歳以上/2年に1回 |子宮頸部の細胞をこするだけの簡単な検査など

乳がん検診

40歳以上/2年に1回 |マンモグラフィー、触診など

大腸がん検診

40歳以上/毎年 |便の検査など

胃がん検診

40歳以上/毎年 | バリウムを飲み、X線で 胃を撮影する検査など

肺がん検診

40歳以上/毎年 |X線で肺を撮影する検査など

がん対策はいつから備えるべきか?

がんは個人にとって、最強・最大の敵と言えます。
がんで命を落とさないためには、「検診を受け、早期発見をし、適切な治療を受ける」ことが欠かせません。
「がんとは何か」「どうやって防ぐのか」「もしがんになったら、告知を希望するか」「手術と放射線治療のどちらにするか」など、考えるべきことはたくさん。
がんとしっかり向き合って、がんに対する正しい情報や知識を得ることで不安も薄らいでくるはずです。
がんを早期に見つけて治療するために、〝そのうち″ ではなく〝今すぐ″ 準備をはじめましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

デザイナーフーズ・ピラミッドとは?ガンを予防できる食品・食生活とは?
糖尿病と心不全の関係は?リスクが増す理由は?予防法は?
犬の熱中症のサインは?犬の熱中症対策 室内では?屋外では?
糖尿病の合併症は治る!? 自分に合った医師の選び方とは?
熱中症が増加した理由は?主な症状は?予防のポイントは?
腸内細菌の数と種類は?善玉菌 、悪玉菌、日和見菌の 割合は?がんやリウマチの原因は?
癌の死亡率の推移は?部位別では?がんを予防する方法は?
お酒の悪酔対処法|悪酔いを防止する食べ物は?おすすめサプリは?
癌が発生する原因は?免疫システムの仕組みとは?癌を防ぐ食事とは?
がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?
コーヒーと緑茶が糖尿病リスクを軽減し予防する!?その理由とは?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
糖尿病患者は熱中症に注意!糖尿病患者の熱中症対策は?飲み物は?  
糖質制限ダイエット実践のコツ|1日の糖質量は?献立は?食材は?
熱中症予防の根本対策とは?肉食は血液の放熱効果を高める!とは?

Menu

HOME

TOP