糖尿病と免疫の関係は?免疫とは?免疫低下のメカニズムは?

「免疫」というコトバ、は知らない人はいないでしょうが、
それを説明するとなると、意外と答えにくいのではないでしょうか?meneki

このように、「免疫」というのは、「声は聞こえど姿は見えない」忍者のような存在なのです。
しかし、免疫と糖尿病は切っても切れない関係にあります。

ここでは、「糖尿病と免疫」について、
そもそも免疫とは何なのか、糖尿病になると免疫はどう変化するのか、についてご紹介します。

スポンサードリンク

糖尿病と免疫の関係とは

毎年冬になると、どこからともなく聞こえてくるのが「インフルエンザ」の話。

このインフルエンザと糖尿病の関係を調べた興味深い研究や事実があるのです。

まず、カナダの大学で8年間に渡り、インフルエンザで入院した患者16万人を対象に行われた研究があります。
研究の結果、糖尿病患者は そうでない人に比べて、インフルエンザの発症率が高いことがわかったそうです。

また、アメリカとカナダの糖尿病学会は、糖尿病の患者で血糖コントロール不良の状態が続くと、免疫機能が低下するために、インフルエンザだけでなくすべての感染症にかかりやすいと指摘しています。そして、すべての糖尿病患者がインフルエンザの予防接種を受けるべきだと推奨しています。

さらに、日本国内においても、 1991年から2000年における糖尿病患者の死因の全国統計を取ったのがあります。

第1位は悪性新生物、第2位は血管障害となっており、第3位が感染症でした。
糖尿病ではない人の死因と比較すると、第1位と2位は同じですが、こちらは第3位は脳血管疾患です。

一般の人の死因と比べて、糖尿病の患者の場合は感染症のリスクが高いことがわかりますね。

このように、糖尿病患者がそうでない人に比べて、インフルエンザを始めとする各種感染症にかかりやすいと言うことは、疑いようのない事実のようです。
その理由についてお話しする前に、「免疫とは何か」について、見てみましょう。

免疫とは何か?

免疫というのは、体の中にある異物に対する「抵抗システム」をさします。
システムですので、胃や腸や脳といった肉眼で見える器官で存在するわけではありません。
ではどこにあるかというと、基本的には血液中に存在します。
血液の中には、赤い色のもととなっている赤血球がありますが、他にも白血球の一種である好中球というものがあります。
これらが外敵と戦う兵隊のような役割を果たします。meneki2

細菌やウィルスといった敵が体内に侵入してくると、好中球の数は突如として増え外敵と戦いだします。
その過程で発熱したり、鼻水が出たりします。
風邪の症状などでも見られるこれらの反応は、免疫が体内で働いてくれている結果なので、実際には決して悪いものではないんです。

スポンサードリンク

しかし、何らかの原因で免疫システムが弱ると、好中球すなわち兵隊の数は増えないままになってしまいます。
そして、いつまでも体内に外敵が居座ってしまう状態となり、場合によっては、肺炎やがん、歯肉炎、皮膚病などの疾患が慢性化することになるのです。

糖尿病になると免疫システムが低下するメカニズムは

では、糖尿病になるとなぜこの免疫システムが低下するのでしょうか?

糖尿病になると好中球の数が減ってしまう。

白血球の一種である好中球は、血液中にある無色半透明のアメーバ状の姿でアメーバと同じような働きをします。

住居である血液中で、外敵を見つけるやいなや、まるで意志があるかごとく、触手を伸ばしその外敵を体内に取り込みます。meneki3
これを、敵を食べてしまうことに見立てて、「貪食(どんしょく)作用」と言います。

そして、この貪食作用を主に行っているのが、好中球の中にある、 「殺菌性特殊顆粒」というものです。
この殺菌性特殊顆粒は、敵には果敢に立ち向かう頼もしい存在であるのですが、残念ながら天敵がいるのです。

それが、「糖アルコール」なのです。 これは、別名「ソルビトール」と言われている糖質の一種です。

したがって、血液中に糖分が多ければ多いほど、好中球は糖アルコールによるダメージを受けてしまい働けなくなってしまうのです。

糖尿病対策が上手くいかず、高血糖状態が続いてしまうと、血液中に糖が増えた状態となるため、それによって好中球がダメージを受けてしまい数が減ってしまうわけです。

そのため、敵が侵入し「さあ戦だ!」となった際にも十分な兵隊の数が揃わないために、戦えなくなってしまうのです。

これが、糖尿病患者の免疫が低い理由の一つなのです。

 

高血糖だと「免疫反応」が弱まる

また、高血糖状態においては赤血球の変形がうまくいきませんので、赤血球はスムーズに血管を進めなくなり、これは血液の流れがドロドロ、ベタベタになる一因になります。

このようなベタベタな血液は、体を守る兵隊・好中球にとって最悪な環境です。
好中球が外敵を見つけ、敵を捕獲しようとしても、通常の血液よりもねっとりしているため、進みにくい状態になってしまうのです。

これだけではありません。

免疫システムは、敵を捕らえるための優秀な機能を備えています。
「免疫反応」というのもその一つです。免疫反応とは、「一度侵入した敵の顔を覚えておく能力」です。

私たちの体には、食事や他人との接触を通して毎日数えきれない数の外敵が侵入してきますが、免疫システムは、それらすべての敵を毎回捕獲しているわけではありません。
最初の侵入時に敵を確認し、「お前は新顔だな」と見るや、敵か味方かを分別するのです。

敵と見なされれば、免疫システム全体に記憶されます。そして、二度目に侵入した場合は、一度目よりもすみやかに免疫反応が対応し、攻撃のために素早く好中球が集まってくるのです。
まるで警察署の、「指名手配」みたいですよね。

ところが、残念ながら高血糖があると、好中球の数が減っていることもあり、免疫反応の機能が弱まってしまいます。
なので、一度侵入されたにも関わらず、二度目もやすやすと侵入させてしまい、なかなか追い出せないような状態が続くのです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

糖尿病の治療目標とは?合併症の種類と発症時期は?予防するには?
糖尿病 とは?糖尿病は動脈硬化の原因?癌のリスクも高める?
ココナッツオイルで糖尿病が改善することが双子の研究で判明!認知症にも効果あり?
糖尿病が国民病と言われる理由は?原因は食べ過ぎ?最大の原因は糖質のとりすぎ?
糖尿病の足の神経障害とは?足の異変の原因は?必要な足ケアは?
糖尿病予防|運動の効果は?いつやれば良い?どんな運動がよい?
糖尿病と食事療法の関係|食事の量は?含まれる糖質は?
糖質制限でがん予防できるか?食後高血糖とインスリンががんのリスクを高める理由とは? 
糖尿病がワーストの都道府県は?徳島県と香川県のワースト原因は?
糖尿病で免疫が低下?腸内環境を整える食べ物と睡眠で免疫を高めよう!
糖尿病予防のための食事療法とは?食べて良い食品は?食べ方は?
糖尿病ってどんな病気?血糖値が上がる原因は?治療や予防の方法は?
糖尿病の原因は糖質のとりすぎだけ?脂質は大丈夫か?糖尿病を改善できる食事とは?
糖尿病の血管への影響とは?動脈硬化のメカニズムは?予防するには?
タバコと糖尿病の 関係? リスクが高まる理由?おすすめの禁煙方法は?

Menu

HOME

TOP