動脈硬化は悪玉コレステロールが原因?中性脂肪が多いと危険な病気は?

コレステロールに「悪玉」と「善玉」があることはご存知の方も多いと思います。

じつは、この2つは全く同じコレステロールで、その周りを包む「リボたんばく」の種類によって悪玉と善玉に区別されているのです

ここでは「悪玉」と「善玉」の区別を説明し、脂質異常症の原因が何であるかwを明らかにします。

スポンサードリンク

動脈硬化は悪玉コレステロールが原因?

悪玉コレステロールが動脈硬化を進行させる

コレステロールは血液によって体のすみすみまで運ばれますが、いわゆる”脂”ですから、水と油が分離してしまうように、そのままの状態では血液に溶け込めません。

そこで、水になじみやすいリボたんばくというカプセルに包まれて血液中を移動しています。

リボたんばくは、含まれる脂質の量や質によって比重が異なり、4種類に分けられます。

このうち、LDL(低比重リボたんばく)はコレステロールの運搬役で、肝臓でつくられたコレステロールを各組織に供給しています。

しかし、血液中のコレステロールが増え過ぎると、使われずに余った分が血管壁にたまり、結果的に動脈硬化を進行させてしまいます。
そのため、LDLは「悪玉」と呼ばれています。

一方、血管壁にたまったLDLを回収するのがHDL(高比重リボたんばく)です。
こちらは動脈硬化を防ぐことから「善玉」と呼ばれています。

つまり、悪玉のLDLが多いとコレステロールがたまりやすく、また善玉のHDLが少なくてもコレステロールを回収しきれなくなるので、
結果的にコレステロールがたまりやすくなるというわけです。

中性脂肪が多いと「超悪玉」が多くなる

脂質異常症の3タイプとは

sisituijyo脂質異常症には、以下の∃つのタイプがあります。

・悪玉のLDLが多過ぎるタイプ(高LDLコレステロール血症)、

・善玉のHDLが少な過ぎるタイプ(低HDLコレステロール血症)、

・中性脂肪が多過ぎるタイプ(高トリグリセリド血症)

スポンサードリンク

いずれも血管壁の内皮細胞を傷つけることにより、LDLを入り込みやすくします。

これが動脈硬化の始まりです。

中性脂肪が一定の数値を超えると

さらに、血液中の中性脂肪が一定の数値を超えると、「スモールデンスLDL」という小型化したLDLが発生することもわかってきました。

スモールデンスLDLは粒子が小さいので血管壁に侵入しやすく、悪玉のLDLよりも危険視されていることから「超悪玉」と呼ばれています。

 

動脈硬化が原因の危険な病気とは

動脈を流れる血液は酸素や栄養分を含み、それらを全身の細胞に運ぶ役割を担っています。
しかし、脂質異常症によって悪玉のLDLが血管壁に沈着すると、コレステロールが内側(内膜)に入り込んで、動脈硬化を引き起こします

動脈硬化が進行すると、動脈が狭くなったり、血栓によって動脈がふさがったり、硬化を起こした部分が変形してコプ状になったりして、命に関わる重大な病気を招くことになるのです。

コレステロール・中性腐肪の値が高い人は要注意です。

心筋梗塞(しんきんこうそく)

狭心症が進行すると発症します。
心臓の血管が血栓で詰まると、その先へ血流が途絶えて心筋の細胞が壊死します。

脳梗塞(のうこうそく)

脳の動脈の血流が不足したり、血栓で血管が詰まったりして脳の細胞が壊死(えし)します。

大動脈癌(だいとうみやくりゅう)

胸部・腹部の大動脈がコブ状にふくれ上がります。
コブが破裂すると死に至ることもあります。

頸動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)

首にある動脈(頸動脈)が動脈硬化を起こす病気。
血栓ができて脳に流れると脳梗塞を引き起こします。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみやくこうかしょう)

脚の動脈が狭くなったりふさがったりして、足先に血液が届きにくくなります。
場合によると足が壊死することもあります。

狭心症(きようしんしょう)

心臓の動脈(冠動脈)の血流が不足して、心臓の筋肉に十分な
酸素が届かなくなり、一時的に酸欠状態に陥ります。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP