しょうがで 冷えを改善できる訳は?ショウガオール ジンゲロールの効果とは?

蒸し暑くなるこれからの季節は、冷房や冷たい飲み物などによって、体は冷えを蓄積しがちです。
そんなときに頼りになるのが、体を温めてくれる食材・しょうがです。
古くから薬用としても重宝されてきたしょうがで梅雨時の冷えを克服しましょう。

ここでは、しょうがで冷えを改善し体調改善できるわけと
しょうがに含まれる注目の成分であるショウガオールとジンゲロールの効果をご紹介します。

スポンサードリンク

しょうがで冷えを改善し体調改善できるわけは

体を温める食材としておなじみのしょうがですが。
薬用としても重宝され、平安時代に書かれた日本現存最古の
医学書『医心方』にも、風邪薬として用いられたという記載があります。

syogaしょうがが体を温めるわけは、辛み成分のジンゲロールとショウガオールの働きのためです。
蒸し暑くなるこれからの季節、冷房などによる冷えの改善におすすめです。

ジンゲロールは、体の表面の温度を上げて発汗を促すので、引き始めの風邪による熟を下げる効果もあります。
また、ショウガオールには脂肪を燃焼する働きもありダイエットにも効果的です。

ショウガオール ジンゲロールの効果とは

生のしょうがに含まれる辛み成分のジンゲロールと、ジンゲロールが加熱や乾燥によって変化するショウガオールには、血行不良を改善する働きがあります。
血行不良の状態が続くと、熱が体の隅々まで十分に届かなくなり、冷え性につななる原因になります。
また、老廃物や水分の排泄も滞るため、肩こりやむくみを引き起こすこともあります。
季節を問わず冷えや肩こり、むくみに悩む人は、血行不良になっている可能性があります。
また、年齢を重ねるにつれ血管は細くなりますから、血行不良になりやすくなります。

日頃からジンゲロールとショウガオールを積極的にとって、血行改善を心がけましょう。

スポンサードリンク

ジンゲロール の効果は

syogazuke生のしょうがに含まれる辛み成分。手足や皮膚など、体の末端や表面を温めます。
体幹の温度をあまり上げずに発汗を促すため、風邪の引き始めの解熱に有効です。
ほかに、抗酸化作用もあります。
具体的には、こんな効果があります!
●手足の冷え解消
●風邪の初期症状解消
●抗酸化作用

ショウガオールの効果は

ジンゲロールが加熱や乾燥によって変化する辛み成分。
体の深部を温め、脂肪の燃焼を促進するため、ダイエット効果も期待できます
具体的には、こんな効果があります!
●お腹の冷え解消
●ダイエット

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP