肉を食べすぎると癌になるって本当?肉と癌の関係は?糖質制限で予防できるとは?

糖質制限では糖質をカットする代わりに、たんばく質と脂質を摂取するため肉類、魚介類、卵、大豆などの摂取を増やします。

肉それで、糖質制限を継続している私も毎日のように肉を食べています。

でも、「肉を食べすぎると大腸がんになる」と一般的によくいわれています。

それで心配になり、調べてみました。

ここでは肉を食べすぎると癌になりやすいって本当か?

肉と癌の関係や糖質制限をしている場合はどうなのかなどご紹介します。

スポンサードリンク

肉を食べすぎると癌になる?

国立がん研究センターが発表した2011年の多目的コホート研究でも、「赤肉」の摂取が多いグループ(1日80g以上)では、女性の結腸がん(大腸がんの一種)のリスクが上がり、「加工肉」を含めた肉類全体の摂取量が多いグループ(1日100g以上)では、男性の結腸がんのリスクが高くなるという結果が報告されています。

コホートとは、古代ローマの軍隊の単位で300~600人の集団という意味。コホート研究は、ある集団の生活習慣と疾病などの発生を長期間にわたって調査・分析する信頼性の高い研究手法です。

ここでいう赤肉とは脂肪分が少ない赤身の肉という意味ではなく、家畜として飼われている牛、豚、羊、山羊などの肉のことです。

鶏肉は含まれていません

そして加工肉とはハム、ベーコン、ソーセージなどのように塩、燻製、化学防腐剤などで保存加工されたものを意味します。

肉の摂取と癌の関係は?

ほかにも肉類の摂取とがんの発生に何らかかかわりがあるとする報告があります。

スポンサードリンク

2007年に10年ぶりに改定された世界がん研究基金(WCRF)とアメリカがん研究協会(AICR)による『食物、栄養、身体活動とがん予防:世界的展望』でも、赤肉を食べるのは週500g(加工した後の値で生肉ではおそ700~750g)以下として、加工肉については「でるだけ食べないように」と個人向けに勧告しています。

加工肉そして2015年には、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)から、「加工肉摂取に大腸がん(直腸がんや結腸がん)のリスクがあり、毎日等50g摂取するごとに18%リスクが増える」というリポートが出されて国内外で大きな話題となりました。

 

 糖質制限で癌予防できるので心配無用?

加工された肉を避けるのは私も賛成てすが、糖質制限をしていれば赤肉についてはそれほど神経質に制限しなくてもいいです。

糖ーがん肉類とがんのかかわりを調べた研究は、すべて糖質を普通にとっている集団を研究の対象としています。

糖質の過剰摂取こそ、がんの最大の危険因子なのですから、糖質をカットすれば赤肉によるがんの発生リスクを気にする必要はないのです。

前回の記事でも、ご紹介しましたように、糖質制限をするとがんを予防する効果があるからです。

それでも気になる人は1日当たり赤肉を生肉換算で100gに抑え、あとは鶏肉や魚介類などからたんばく質と脂質をとるようにしましょう。

そこで、これを知った私は、もっぱら、鶏肉や魚介類からたんばく質と脂質をとるようにしています。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

糖尿病 とは?糖尿病は動脈硬化の原因?癌のリスクも高める?
梅雨時の腰痛の原因と対策は?腰痛改善のためのヨガポーズは?
糖尿病と心不全の関係は?リスクが増す理由は?予防法は?
犬の熱中症のサインは?犬の熱中症対策 室内では?屋外では?
お酒の悪酔対処法|悪酔いを防止する食べ物は?おすすめサプリは?
DHA&EPAの効能は?一日に必要な摂取量は?サプリのおすすめ理由は?
香川は糖尿病のワースト県?うどん消費量は?原因はうどんだけ?
喫煙と癌の関係は?喫煙率の推移 (厚生労働省)は?アルツハイマーとの関係は?
コーヒーと緑茶が糖尿病リスクを軽減し予防する!?その理由とは?
アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?
日本の四大疾病の増加原因は?がん細胞の増殖を防ぎ、予防する方法とは?
がん細胞は毎日 発生?免疫システムががんを防ぐ?健康で長生きする秘訣とは?  
糖質制限の効果って?健康に良い?ダイエットできる?糖尿病が治る?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
糖尿病の合併症は治る!? 自分に合った医師の選び方とは?

Menu

HOME

TOP