認知症予防に糖質制限が効く?アルツハイマー病の原因は糖質過剰摂取とは?

syoujyo4人に1人が65歳以上の高齢者となった日本では、加齢にともなう認知症の増加が重大な問題となっています。
認知症の高齢者は2012年時点で全国におよそ462万人もいると推定され
ており、2025年には700万人を超えて65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるという予測もあります。

ここでは認知症予防に糖質制限が効くこと、アルツハイマー病の原因が糖質の過剰摂取にあることなどをご紹介します。

スポンサードリンク

認知症予防に糖質制限が効く?

認知症とは、脳の障害で記憶などの知的機能が低下し、日常生活や社会生活が営めなくなっている状態のこと。
tositucut 認知症を引き起こす疾患のひとつが「アルツハイマー病」ですが、過剰な糖質摂取はアルツハイマー病による認知症のリスクを高めます。

したがって、認知症予防に糖質制限が効くのです。

アルツハイマーの原因は糖質の過剰摂取にある

糖質の過剰摂取とアルツハイマー病には、次のような関係があると考えられます。

アルツハイマー病は、脳内に「アミロイドβ」という悪玉のたんばく質が蓄積して、正常な神経細胞の活動を妨げて認知症を招きます。
の悪玉のアミロイドβを分解するのは、「インスリン分解酵素」 (IDE)。

あらゆるホルモンは役目を終えると分解されて無力化しますが、インスリン分解酵素は副業として、脳内でアミロイドβを分解する働きがあります。

しかし、糖質過剰で高インスリン血症になると、脳内のインスリン濃度が高くなります。

それを分解するのに忙しくなると、インスリン分解酵素によるアミロイドβの分解が滞るようになります。images

スポンサードリンク

それがアミロイドβの病的な蓄積を引き起こしてしまい、アルツハイマー病の引き金を引くのです。

さらに酸化ストレスの増大や高血糖で生じたAGEなども、アルツハイマー病の発症とのかかわりが疑われています。

以上から、アルツハイマーの原因は糖質の過剰摂取にあるといえるのです。

また、高血糖が続く糖尿病もアルツハイマーの原因と言われています。

糖質制限はアルツハイマー病を防ぐ

九州大学が福岡県久山町で行っている有名な「久山町研究」は、1985年時点で認知症がなかった65歳以上の住民826人を15年にわたって追跡調査したものです。

この調査で、糖尿病とその予備群であるグループは、そうでないグループと比べて、アルツハイマー病を発症するリスクが4.6倍も高いことがわかりました。
アルツハイマー予防

初期の糖尿病とその予備群では、食後高血糖に続いて高インスリン血症が起こりますから、それがアルツハイマー病を加速させたのでしょう。

海外にも同様の報告があります。

1999年に公表されたオランダを代表する著名な「ロッテルダム研究」では、高齢の糖尿病患者がアルツハイマー病で認知症になる確率は、そうでない人の1.9倍に達するとしています。

さらにインスリン治療を受けている糖尿病憲者さんでは、アルツハイ了病による認知症の発症リスクが4.3倍も高かったのです。

以上から、糖質制限はアルツハイマー病を防ぐことがわかりますね。

将来の認知症を防ぐためにも、アルツハイマ病を招く恐れがある食後高血糖と高インスリン血症を起こさないように、糖質制限を続けることをおすすめします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP