アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?

アンチエイジング とは?

老化はすべての人が抱える課題です。

生まれた瞬間から死に向かっていくわけですから、私たちの遺伝子にはさまざまな老化に関する情報が埋め込まれています。

成長期を過ぎて成熟期に入ると、体内では徐々に老化が起こってきます。

代謝に関わる成長ホルモン、脂肪を運搬するカル二チン、活性酸素を取り除いてくれるSOD(スーパーオキシドデイスムターゼ)などの合成能力に陰りが見えてきます。

それらを少しでも回復させて、衰えをカバーしていくのがアンチエイジングです。

アンチエイジングは抗酸化がカギになる!

活性酸素を取り除く栄養素とは?

活性酸素を取り除く栄養素はアンチエイジングにとっては必須です。

ビタミンA・C・E還元型CoQ10(コ工ンザイムQlO)、αリボ酸、アスタキサンチンなどは、抗酸化作用を持った成分です。

アスタキサンチンとは
カロテノイドと言われる天然の色素の一種。
サケやイクラ、エビ、カニなどの赤黄橙色の色素。
カロテノイドの中でも抗酸化力が強い。

ポリフェノール(植物の色素成分)の多くも抗酸化作用を持っています。

スポンサードリンク

赤いパプリカから抽出したキサントフィルという色素は、赤血球の膜の抗酸化に役立ちます。

アンチエイジングには睡眠も効果的?

抗酸化に続いて、アンチエイジングに効果的なのは睡眠かもしれません。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されますから、睡眠の質を上げていくことは体内のさまざまな代謝能力を上げることにもつながります。

アンチエイジングにはホルモンも大切とは?

もうひとつ大切なのが性ホルモンです。

アンチエイジングのカギとなる物質がDHEAと呼ばれる性ホルモンです。

アメリカなどではサプリメントとして摂取することができますが、日本では医薬品扱いであり、ドーピングの対象ともなります。

このDHEAの増加が期待される成分を上手に利用することが、アンチエイジングにつながっていく
と思われます。

ネギやニンニクの成分であるアリシンや亜鉛、アルギニン、シトルリンなどが期待される成分です。

DHEA(デヒドロ工ピアンドロステロン)とは
テストステロン、エストロゲンなどの性ホルモンの基になるもので、「ホルモンの母」とも呼ばれる。
体内で分泌されたDHEAは血液中に流れ、細胞に浸透し、男性ホルモン、女性ホルモンに変換される。
血液に含まれるDHEAは、20歳頃をピークに分泌量が減少し、60歳くらいになると20歳当時に比べて約10~20%しか分泌されない。
スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

認知症と物忘れの違いは?チェックリストは?アルツハイマー型の治療は?
熱中症予防の根本対策とは?肉食は血液の放熱効果を高める!とは?
糖質制限の効果って?健康に良い?ダイエットできる?糖尿病が治る?
がんの傾向の変化とは?リスクは半減できる?対策は検診と何?
お酒の悪酔対処法|悪酔いを防止する食べ物は?おすすめサプリは?
糖質制限でがん予防できるか?食後高血糖とインスリンががんのリスクを高める理由とは? 
梅雨時の体調不良の原因|うつ病が悪化しやすい原因と対策は?
免疫力は腸に集中!小腸は人体最大の免疫臓器とは?免疫力をアップする方法とは?
日本の西洋医学の現状は「食と病気の関係に無関心」!?その理由と限界とは?
糖尿病の合併症は治る!? 自分に合った医師の選び方とは?
糖質制限でがん予防!?イヌイットの事例でわかる「糖質過剰が生活習慣型がんの元凶」とは
梅雨時の体調不良の予防対策|偏頭痛の原因と予防対策は?
糖尿病患者は熱中症に注意!糖尿病患者の熱中症対策は?飲み物は?  
がん検診のおすすめは?受診方法は?がん対策の備えいつから?
梅雨時の腰痛の原因と対策は?腰痛改善のためのヨガポーズは?

Menu

HOME

TOP