がん細胞は毎日 発生?免疫システムががんを防ぐ?健康で長生きする秘訣とは?  

今や日本人の3人に1人は、生涯に1度はがんにかかる時代になりました。

日本人の死亡原因のトップもがんで、その後も一向に減る気配はありません。

ここでは、まずあなたの体にがん細胞が発生する頻度と、がんを防ぐ免疫システムの働きをを確認します。

そして、私達が健康で長生きする秘訣をご紹介します。

スポンサードリンク

がん細胞は毎日 発生している?

人間の体では、1日1兆個以上の細胞が破壊されると同時に、1兆個以上が新しく作られているといいます。

試験管の中で、1兆個の細胞を増やすと数千個もの変異細胞、つまりがんができるのだそうです。

健康な人でも、毎日寝ている問に3000個から数万個以上ものがん細胞が発生しているそうです。

そして、人の一生に換算すると10億回もがん細胞が発生する機会があるとまでいわれています。

免疫システムががんを防ぐとは?

それでも、私たちは滅多なことではがんになりません。

スポンサードリンク

それは体内に免疫システムがあるからです。

免疫ががん細胞の増殖を防いでいるため、誰もがすぐがんにならずにすんでいるのです。

免疫システムは自分の正常な細胞からできたがんですら、破壊することができる優れものなのです。

がんに限らず、人の体には、体外から侵入した異物や危険物質から身を守る免疫システムが備わっています。

細菌、ウイルス、貞菌のような病原体などに対しても同じです。

健康で長生きするの秘訣とは?

免疫システムが正常に働いていると、それら異物を見つけ出し、防御力を結集して攻撃し、体を守ってくれるのです。

しかし、何らかの力によってこの免疫の働きが弱くなったりすると、がん細胞や病原体は猛威を振るい出します。

免疫力は20歳あたりがピークで、それ以降は次第に低下し、40歳ではピーク時の半分、50歳では3分の1にまで落ち込むこともわかっています。

そこでいかに免疫力を上げ、病気にならない体でいられるかが、健康で長生きするための秘訣となるのです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨時の体調不良の予防対策|偏頭痛の原因と予防対策は?
腸内細菌の数と種類は?善玉菌 、悪玉菌、日和見菌の 割合は?がんやリウマチの原因は?
コーヒーと緑茶が糖尿病リスクを軽減し予防する!?その理由とは?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
犬の熱中症のサインは?犬の熱中症対策 室内では?屋外では?
がんの傾向の変化とは?リスクは半減できる?対策は検診と何?
肉を食べすぎると癌になるって本当?肉と癌の関係は?糖質制限で予防できるとは?
糖尿病の合併症は治る!? 自分に合った医師の選び方とは?
糖質制限でがん予防できるか?食後高血糖とインスリンががんのリスクを高める理由とは? 
糖質制限の効果って?健康に良い?ダイエットできる?糖尿病が治る?
デザイナーフーズ・ピラミッドとは?ガンを予防できる食品・食生活とは?
糖尿病と心不全の関係は?リスクが増す理由は?予防法は?
アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?
がんを予防する食事とは?運動とは?心の持ちようとは?
がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?

Menu

HOME

TOP