デザイナーフーズ・ピラミッドとは?ガンを予防できる食品・食生活とは?

アメリカでは、ガン予防に効果のある野菜や果物の徹底調査が、長年にわたって行われました。

そして、その調査結果を、アメリカ国立がん研究所が 「デザイナーフーズ」として発表しました。

ここでは、この「デザイナーフーズ」とは何かを明らかにし、ガンを予防できる食品と食生活をご紹介します。

スポンサードリンク

デザイナーフーズ・ピラミッドとは?

野菜や果物が、ガンの発症率を減らすということに着目して行われたアメリカの研究は、世界中から注目されました。

そして、野菜や果物は健康維持のために必要不可欠なもの、という新しい意識や心がまえを多くの人々に芽生えさせたのです。

下にあるピラミッドの図が 「デザイナーフーズ・ピラミッド」 で、全部で48種類の野菜と果物があげられています。

また、ピラミッドの上部にいくほどガンを予防する効果が高いとされています。

これらの食品を積極的にとれば、ガンのリスクを減らすことができるのです。

ガンを予防 できる食品とは?

最もガン予防に効果があるのは、ニンニク、次にキャベツ、大豆、甘草、ショウガ、ニンジン、セロリ……と続きます。

これらの食品は、免疫力を高めてガンを抑制するだけでなく生活習慣病を予防する作用も持っています、

スポンサードリンク

近年注目されている野菜や果物などに含まれるファイトケミカルは、発ガン性物質を体から排出したり、ガン発症の原因となる遺伝子の・変性を抑え、傷ついた遺伝子を修複する作用があることも知られています。

参考記事:

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

ガンを予防 できる食生活とは?

ガンは未然に防げるもの!

大切なのは、今までの食生活を見直し、野菜や果物をできるだけ食べる食生活にしていくことです。

ガン予防には、デザイナーフーズの野菜や果物が有効ですが、野菜や果物であれば、必ずしもデザイナーフーズにこだわる必要はありません。

また、ガンは発症してから治すものではなく、未然に防げるもの、という新しい意識に切り替えましょう。

ガンと食事との関わりは複雑ですが、ガンの発生は食事によってかなり減らすことができる、と考えていいのです。

野菜や果物の量の目安は?

一日最低でも野菜350g、果物200g=合計550gを食べましょう。

野菜や果物の量の目安ですが、両方の手のひらを広げてそこにのる量がだいたい400g程度と覚えておいてください。

野菜は両方の手のひらにのる程度、果物は片方の手のひらにのる程度をめやすとすればいいでしょう。

 

参考記事:

米国の日本食ブームと日本人が長寿な理由は?ニンニクでがんを予防できるわけ?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

熱中症予防の根本対策とは?肉食は血液の放熱効果を高める!とは?
免疫力は腸に集中!小腸は人体最大の免疫臓器とは?免疫力をアップする方法とは?
腸内細菌の数と種類は?善玉菌 、悪玉菌、日和見菌の 割合は?がんやリウマチの原因は?
がん細胞は毎日 発生?免疫システムががんを防ぐ?健康で長生きする秘訣とは?  
熱中症が増加した理由は?主な症状は?予防のポイントは?
糖尿病 とは?糖尿病は動脈硬化の原因?癌のリスクも高める?
糖質制限でがん予防!?イヌイットの事例でわかる「糖質過剰が生活習慣型がんの元凶」とは
タバコはすべてのガンの原因でガンの発症リスクを高める!禁煙外来がおすすめとは?
糖質制限でがん予防できるか?食後高血糖とインスリンががんのリスクを高める理由とは? 
大腸がんの4大リスク要因は?日本の患者数増加理由は?リスク低下対策は?
アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?
糖質制限ダイエット実践のコツ|1日の糖質量は?献立は?食材は?
がん検診のおすすめは?受診方法は?がん対策の備えいつから?
お酒の悪酔対処法|悪酔いを防止する食べ物は?おすすめサプリは?
ブルーベリーサプリの効果は?アスタブライトの評判と効果の秘密は?

Menu

HOME

TOP