ツツジの名前の由来は?花言葉は「情熱」?名所って東京ではどこ?

4月になって、各地のサクラが開花してきましたが、花期は短いのが辛い?tutuji5

でも、サクラの花が散り、新緑が鮮やかになる晩春から初夏の頃になると、色とりどりのツツジの花が咲き出して、私たち目をを楽しませてくれます。

ここでは、そんなツツジの名前の由来や、花言葉、東京のツツジの名所についてご紹介します。
今年のゴールデンウィークに、ツツジのお花見はいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ツツジの名前の由来は?

花名のツツジの由来は以下のように諸説あるうようです。

・花が「筒(つつ)」状になっていることからきている
・花が次々に連なり咲く様子の「ツヅキサキギ」で続き咲き木の意
・「ツヅリシゲル」で綴り茂るの意
など

日本では古くから園芸品種としてツツジを交配し、美しい品種が多く生まれています。

それでは、次にツツジの花言葉って何でしょうか?

ツツジの花言葉は「情熱」?

ツツジの花言葉は「情熱」?というイメージがありますが、

実はツツジ全般の花言葉は、

「節度」「慎み」  です。

でも花の色やツツジの種類によっても、花言葉があるんですよ。

●赤い花のツツジの花言

「恋の喜び」red

赤いツツジの「恋の喜び」の花言葉は、 まばゆいばかりの赤い花をいっせいに咲かせることに由来する ともいわれます。

 

●白い花のツツジの花言葉

「初恋」tutuji-siro

白いツツジの「初恋」の花言葉は、

純白の花姿の清純さにちなむといわれます。

 

●山ツツジの花言葉

「燃える思い」yamatutuji

山ツツジは日本の代表的なツツジで、山野に自生し初夏の山を彩ります。

それが、 赤く咲く花々が燃えるように見えるところに由来 するともいわれます。

 ツツジの花言葉が「情熱」というイメージは赤いツツジや山ツツジの花言葉に因んだもの と思われますね。

スポンサードリンク

 

ツツジの名所って東京ではどこ?

根津神社の「文京つつじまつり」(文京区)、塩船観音寺をはじめ、東京中のつつじまつりと名所情報をご紹介します。


●根津神社の「文京つつじまつり」

東京を代表するつつじのイベントが文京つつじまつりです。l_00000913IMG2

2000坪ほどのつつじ苑には、約100種3000株のつつじが咲き乱れます。

多品種のつつじは早咲きから遅咲きまで開花時期が異なるため、

 長期間楽しめるのがポイント。 

開催期間:4月11日~5月6日
【最寄駅】千駄木、根津、東大前


●皇居東御苑

皇居の東側に整備された広さ約21ヘクタールの庭園。SONY DSC

色々な種類のツツジが植栽されており、苑内各所で楽しむことができます。

海外からの旅行者にも人気のスポット。

見ごろ:4月
【最寄駅】竹橋、二重橋前、大手町


●清澄庭園

seitou2
東京都指定名勝に指定されている「清澄庭園」は、大泉水の周囲に築山や名石を配置した回遊式林泉庭園。

園内で最も高い「富士山」は別名「つつじ山」と呼ばれ、

毎年ゴールデンウィーク頃にはつつじとさつきで覆われ、燃えるように赤く染まるさまは必見!

見ごろ:4月下旬~5月上旬
清澄庭園 【最寄駅】森下、門前仲町、清澄白河


●塩船観音寺siofune

室町時代に建立された本堂をはじめ、仁王門など、国指定重要文化財を持つ塩船観音寺。

境内の周囲はすり鉢状で、斜面いっぱいに早咲き、中咲き、遅咲きと異なる品種が次々と咲き競うさまは、目を見張る美しさです。

見ごろ:4月中旬~5月上旬
塩船観音寺 【最寄駅】河辺

 終わりに

どこに行っても混雑が予想される五月のゴールデンウイーク。
家族や恋人と、都内で新緑に映えるつつじのお花見はいかがですか!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP