糖質制限ダイエットって本当に痩せる?痩せない理由は?危険性は?

近年、糖尿法の治療法として始まった「糖質制限」がダイエット法としても有効であることが注目されてきました。
反面、中には実践したが痩せないという方や糖質制限ダイエットは危険と言う方もいます。
本当はどうなんでしょうか?
そこで、糖質ダイエット実践中の筆者が糖質制限ダイエットの効果と危険性について解説します。

スポンサードリンク

糖質制限ダイエットって本当に痩せる?

まず、糖質制限ダイエットで痩せるメカニズムを確認しておきましょう。

糖質制限ダイエットで痩せるメカニズム
炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されています。
太る原因になるのは、このうちの「糖質」です。

糖質を摂取すると血糖値が上昇し、それを抑えるためにすい臓からインスリンが分泌されます。
このインスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれ、余った糖質を中性脂肪に変えるという働きがあります。
ですから、糖質を制限するとインスリンの分泌も抑えられ、脂肪が蓄積されなくなるのです。

さらに、糖質が少ないと体脂肪がエネルギー源として燃焼されるようになるので、ダイエット効果が高まるのです。

糖質制限食とは簡単にいうと「糖質を多く含む主食(ごはん、パン、めん類など)は摂らずにおかずを中心に食べる食事」です。

代表的なやり方は1日3食のうち糖質制限食にする食事の回数により、
①晩だけ糖質制限食 、②朝・晩糖質制限食、 ③3食とも糖質制限食 の3つパターンを使い分けるやり方です。

このやり方を採用する場合の糖質制限食のルールは次の2点です。

1.晩飯はかならず主食を抜く糖質制限食にする
2. 糖質量は主食を抜く1回の食事で20g以下 が目安

そして、糖質制限ダイエット実践のコツは、

 自分自身のライフスタイルや状態に合わせてパターンを適切に選ぶ ところにあります。 

糖質制限食では、カロリーについて考える必要はありません。

食事のボリュームを落とすことなく、またつらい運動を無理に行わなくても、体重と体脂肪がきちんと減少します。

しかも、即効性が高く、個人差はありますが、最初の1週間で2~3 kgの減量に成功する方が大半です。

従って、糖質制限で痩せるメカニズムを知り、適切なやり方で実践すれば痩せます。
それは、試してみれば、容易に分かることです。

糖質制限ダイエットで痩せない理由は?

糖質制限食とは簡単にいうと「糖質を多く含む主食(ごはん、パン、めん類など)は摂らずにおかずを中心に食べる食事」です。

食事は肉・魚・野菜を中心に組み立て、甘い味付けは控えます。
お酒は糖質オフのビール系飲料や焼酎などの蒸留酒を中心に飲んでOKです。
むしろ、夕食時はご飯のかわりに焼酎を飲む、といった感じで、飲兵衛にうってつけのダイエットなのです。

糖質制限ダイエットを実践したが、痩せない人もいます。
そんな方のよくあるケースは以下のとおりです。

1.糖質制限食3パターンの選択が不適切。
朝飯、昼飯で主食を食べる場合の対策が不十分
・主食を食べ過ぎている、早食いをしている
・主食を食べたあとの運動量が少ない など

スポンサードリンク

2. 糖質制限食のルールが守られていない
・晩飯の糖質制限食ができていない。
・晩飯の糖質摂取量が20gを超えている。

3.食材ごとに含まれる糖質量の理解不足で気づかないうちに糖質を食べてしまっている。

・晩飯で主食を抜いても、主食以外の糖質を食べ過ぎている。
調味料や果物、お酒などに含まれる糖質にも注意
・おやつなど間食でも糖質を食べてしまっている。

糖質制限食では、晩だけ主食抜きの「ゆるい糖質制限食」でも、それなりの効果は期待できますが、上にあげたような理由で、
中途半端に「ゆるすぎる糖質制限」になってしまっている場合は痩せないかもしれません。

糖質制限本来の脂肪燃焼スイッチが入らないので、ダイエット効果が落ちてしまうのです。

糖質を食べた後の運動などを取り入れる必要があるかもしれません。

また、ダイエットの効果には個人差があります。
自分の体調やライフスタイル(食習慣や運動習慣)にあった継続できる糖質制限が、見いだせないでいると、途中で挫折しやすく、痩せないかもしれません。

糖質制限食以外の方法もとりいれ、組み合わせる必要があるかもしれません。

以上のように、糖質制限の間違った理解、間違ったやり方をしていると痩せることはできません。

糖質制限ダイエットの危険性とは

糖質制限ダイエットの危険性を主張する人がいます。
例えば
・糖質制限で筋肉がおちる
・制限しすぎると勉学や仕事に支障をきたす。
・集中力が著しく低下する。、
・頭を使おうとするとイライラが止まらなくなったりします。
・長期的影響が分からないなどの未知の危険性がある。
などです。

でもこれらの危険性の理由についての説明内容は常識論に頼ったり、曖昧であったり
概して、説得力が乏しいものが多いようです。

確かに、複数の条件が重なれば上のようなリスクがあるかもしれません。

でも糖質制限のやり方は決してワンパターンではありません
制限の強さしても3パターンのやり方があるなど選択肢は豊富です。

糖質制限を適切に実践すれば上記のようなリスクはいずれも回避できるものです。

ただ例外として

腎機能障害、慢性膵炎、肝硬変、そしてすでに血糖降下剤を使用中の人にとっては危険かもしれません。

例えば血糖降下剤を使用中の人たちが糖質制限を実施すると低血糖症に陥いる可能性が高まります。

この場合、糖質制限を取り入れるなら、薬の量を減らすなどの措置が必要です。

だから、自己流で始めるのではなく、医師や専門家に相談するとよいでしょう。

自分の体調や、効果の程度を検証しながら、適切な選択で糖質制限を実施すれば、危険性は小さいと言えるでしょう。

まとめ

・糖質制限ダイエットでの痩せるメカニズムを知り、適切なやり方で実践すれば痩せる。
・糖質制限ダイエットを実践しても痩せない理由は
  糖質制限食のルールが守られていないなどの理由で、「ゆるすぎる糖質制限」になってしまっている場合が多い。
・糖質制限ダイエットのリスクに対する理由説明は、説得力の乏しいものが多い。
・糖質制限ダイエットを正しいやり方で実践すれば、それらのリスク回避は可能なので危険性は小さい。
・ただし、腎機能障害、慢性膵炎、肝硬変、そしてすでに血糖降下剤を使用中の人は医師や専門家に相談する必要がある。

なお、糖質制限ダイエット時の脂質の摂りすぎ に関する記事はこちらを参照してください。  ↓ ↓ ↓

糖質制限ダイエット時、脂質の摂りすぎで太る?摂りすぎ対策は?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

糖質制限ダイエットのコツ|外食時は?居酒屋では?ファミレスでは?
冬に太りやすい原因は?飲むだけで痩せるサプリのおすすめは?
糖質制限ダイエットでご飯を食べたい!効果を損なわない方法とは?
糖質制限ダイエット実践のコツ|1日の糖質量は?献立は?食材は?
糖質制限で効果が出ない?糖質カットサプリの効果は?便秘も解消?
糖質制限の効果って?健康に良い?ダイエットできる?糖尿病が治る?
ダイエット サプリ cute meを飲むだけで痩せる?その危険性は?
糖質制限ダイエットの方法|食べてよい糖質の量は?危険性は?
糖質制限ダイエットの方法|食事のメニューは?サプリの効果は?
青汁 ダイエットで痩せた?成功の条件は?ランキング1位の理由は?
酵素 ダイエットの嘘とは?飲むだけで効果ある?おすすめの方法は?
糖質制限ダイエット中のお酒はOK?糖質ゼロのビールは?蒸留酒は?
ダイエットのための食事制限はカロリーから糖質へ!

Menu

HOME

TOP