暑中見舞いの時期っていつから?書き方のマナーは?返信の文例は?

年賀状は書くが、「暑中見舞い」「残暑見舞い」は省略・・・て方が多いかもしれませんね。

でも、今年こそ「暑中見舞い」「残暑見舞い」を出してみませんか。

堅苦しく考えず楽しむためのコツがあります!

基礎知識として「暑中」の意味や出す時期、書き方やマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期っていつからいつまで?

そもそも暑中見舞いの意味合いをご存知ですか?

1年で最も暑い時期に送ることで、
相手の安否、健康を気にかける慣習です。

なので、「最も暑いと思われる時期」に送るのがいいでしょう。

もちろん、自分の住んでいる場所ではなく、
相手が住んでいる場所です。

しかし、

暑中見舞いの時期:3つの説
1.夏の土用(立秋前、約18日)~立秋の前日(8月7日)
夏の土用、立秋などは年によって違いますが、
2015年は7月20日~8月7日です。
2. 小暑(7月7日)~立秋の前日(8月7日)
3. 梅雨明け~立秋の前日(8月7日)

この3つの説で「いつから」が異なるように
明確に「いつから」ということが決まっているわけでもありませんし、

相手もそんなにうるさくはないでしょう。

なので、よっぽど時期がずれたりしない限り、
“モラル・常識がない”などと思われることはありません。

よって。

●暑さがピークだと思われる時期に出す
●8月8日からは残暑見舞い

この二つだけ頭に入れておけば良いでしょう。

暑中見舞いの書き方のマナーは?

暑中見舞い・残暑見舞いとは、暑い季節に相手の安否を気遣い、自分方の近況を報告するための季節の挨拶ハガキです。
相手の健康を気遣うと同時に自分方の近況報告をするハガキではありますが、自分のことばかりを書いたり、季節感を無視した内容にならないよう注意します。
文章は簡潔に、暑さの中にも涼しげな印象を与える表現をしましょう。

気を付けないといけないと事
●頭語・結語は不要です。

頭語は、「こんにちは」などの言葉、

結語は、「さようなら」などの言葉、

一般的なもので、『拝啓~敬具』など。

●季節の挨拶は少し大きめの文字で書く

●印刷ハガキを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象

 

相手によって書き方も違ってきますが、以下の文面構成の流れに沿うと書きやすいでしょう。
残暑見舞いも同様です。

文面構成の流れ
1.季節の挨拶 …… 暑中・残暑を見舞う言葉

2.時候の挨拶

3.安否のを尋ねる挨拶

スポンサードリンク

4.近況報告

5.結びの挨拶

6.年号・月

暑中見舞いの月の書き方 …… 七月、盛夏

残暑見舞いの月の書き方 …… 八月、晩夏、立秋、葉月

7.差出人の氏名、住所、郵便番号、(電話番号)

 

同じ季節の挨拶でも年賀状ほど改まったものではなく、私製ハガキや絵葉書などを利用して季節感や涼感あふれる爽やかな演出をすると喜ばれるのではないでしょうか。

 

暑中見舞いの返信のマナーや文例は?

暑中見舞いは毎年同じ方から頂いても嬉しいもの。
それが思いがけない方から頂いたならば、さらに一層うれしく感じるものです。
そのような場合でも、お礼の返事をするのを忘れないようにしましょう。

自分が出していない相手からいただいた暑中見舞いの、お礼の返事は、受け取ってから3日以内に出すのがマナーです。

 

特に暑中見舞いの終盤、立秋に近い場合は「暑中見舞い」「残暑見舞い」のどちらにするべきか悩みますが、到着が8月7日の立秋に間に合いそうならば、「暑中見舞い」の内容にお礼の言葉を添えて送れば、基本OKです。

しかし、到着が立秋を過ぎそうなときには、暑さが厳しい中であっても、「残暑見舞い」として扱い、お礼の言葉を添えて送るようにします。

到着が微妙ならば残暑見舞いとして出してしまってもよいでしょう。

 

また、残暑見舞いとして出す場合でも、遅くとも8月末までには出したいものです。

暑中見舞いの内容にお礼の言葉を添える場合の書き出しの文例
暑中お見舞い申し上げます。

先日はご丁寧に暑中見舞いをいただき、ありがとうございました。

暑中のお見舞いをいただきまして、厚く御礼申し上げます。

ご丁寧なお見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。

 

残暑見舞いの内容にお礼の言葉を添える場合も基本は同じです。

残暑お見舞い申し上げます、と述べてから、お礼の言葉を添えましょう。

 

親しい方、学生時代のクラスメートから暑中見舞いをもらった場合のお礼ならば、もう少しくだけた言い回しでもOKです。
感謝の気持ちと親しみが伝わるように、文章を工夫してみると良いでしょう。

近頃はメールの暑中見舞いも多くなりましたが、ハガキでいただいた暑中見舞いには、お礼の返事もハガキを使うのが作法というものです。

 

また、先方の住居の地域に適した言葉を選びましょう。

例えば、自分住むの地域が猛暑に襲われていたとしても、先方の地域では、
長雨による冷夏、という事も考えられますので、言葉づかいにも配慮が必要です。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

上司へのお歳暮のマナー|金額の相場は?品物は何がいい?
滋賀県大津祭の日程・見所は?からくりって何?ちまきのGET法は?
お中元やお返しのマナーとは?お返しはいつまでに?金額は?
自分が喪中時の寒中見舞いのマナー|寒中見舞いを出す時期や文例は?
父の日のプレゼント|糖尿病の場合は?お酒は大丈夫?焼酎はどう?
四国の紅葉人気ランキング|石鎚山の10月の紅葉は?寒風山は?
初詣ランキング(関西)|伏見稲荷大社の混雑状況は?住吉大社は?
敬老の日のプレゼント ランキングは?おじいちゃんが欲しいものは?おすすめは?
新年の挨拶をメールでするのは失礼?上司宛メールの注意点や例文は?
2015GWの桜は北海道が最適?開花時期は?おすすめスポットは?
母の日|嬉しい感謝の言葉は?メッセージの例文は?義母の場合は?
東北の桜の名所ランキング|白石川堤一目千本桜と三春滝桜の見頃は?
お盆のカレンダー 2015|帰省ラッシュや高速道路の渋滞回避策は?
青森ねぶた祭りのハネトとは?参加するには?衣装はレンタル?
こどもの日(初節句)の兜の意味は?値段は?誰が買うの?

Menu

HOME

TOP