仙台七夕まつり2016の日程は?楽しみ方は?飾りの意味は?

仙台七夕は日本の夏を代表する年中行事ですね。
毎年約200万人が観光に訪れるといいますから、いかに仙台七夕が人々に愛されているかがわかりますね。
まつりの期間中は、仙台市内中心部および周辺商店街をはじめ、 街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされます。

ここでは、仙台七夕まつりの2016の日程や楽しみ方、飾りの意味についてご紹介します。

仙台七夕まつり2016の日程と概要は?

七夕という名前のつく祭りですので7月に開催されるのは当たり前と思いがちですが

仙台 七夕は、開催は7月7日ではありません!開催は1ヶ月遅れの8月です。

仙台 七夕 2015 開催概要
名称    仙台七夕まつり
開催日   2016年8月6日(土)~8月8日(月)
開催時間
[飾り付け時間]
・8月6日・8月7日/10:00頃~22:00頃(予定)
・8月8日/10:00頃~21:00頃(予定)

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
・8月6日~8月8日/10:00~21:00

開催場所  仙台市中心部および周辺商店街

開催内容の概要は下の動画をご覧ください。

仙台七夕まつりの楽しみ方は?

毎年約200万人が観光に訪れるといわれる仙台七夕にはどんな特色があるのでしょうか?

 仙台七夕の魅力はなんと言っても豪華絢爛な飾り付け ではないでしょうか。

毎年、手作りで作成される飾り付けは非常に種類も多く、しかも巨大で見応えがあります。
tanabata

仙台市の商店街を中心に、様々な笹飾りが飾られ、
街は七夕一色となります。

この豪華さの背景には、かつて仙台藩の領主だった伊達政宗が関係しているようです。

そもそも仙台七夕を立ち上げたのがこの伊達政宗であり、その動機は普段文化的なものに接しない女性たちが楽しめるようにというものだったそうです。

伊達政宗の領民に対する愛着が感じられますね。

ところで、仙台七夕には欠かせない七つ道具といわれる飾りものがあります。

この飾り物には昔から、それぞれに深い願いが込められていました。

スポンサードリンク

七つ飾りを探しながら仙台七夕を見物するといっそう趣が感じられますよ。

華やかな素材で工夫された七つ飾りには、作者の深い思いが込められているのです。

 

仙台七夕まつりの七つの飾りの意味は?

それでは、仙台七夕の七つの飾りの意味にも注目してみましょう。

仙台 七夕 の七つの飾りの意味
1.吹き流し 織姫の織り糸を象徴し、昔の織り糸を垂らした形を表して機織や技芸の上達を願いました。くす玉が最上部飾られ、飾り付けの主役となっています。

2. 巾着(きんちゃく) 昔金銭を入れて腰に下げたもの。富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養いました。しっかりとひもで結ばれ、無駄遣いを戒めています。

3. 投網(とあみ) 昔から重要なたんぱく源としての魚介をかかさないよう、仙台近海の豊漁を祈願しました。また、幸運を寄せ集めるという意味も含まれております。

4. 屑篭(くずかご) 七つの飾り物をつくり終えた裁ちくず、紙くずを拾い集めて屑かごの中にいれました。ものを粗末にしないで役立て、清潔と倹約の心を育てました。

5. 千羽鶴 家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。折り方を習う娘たちは折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。

6. 紙衣(かみごろも) 棚機女(たなばたつめ)が織り、神に捧げたという衣で、七夕竹の一番上に吊るす習わしがあります。昔は母や師匠に教えられ、裁縫の腕が上がるよう願いながら縫われました。

7. 短冊 早朝、硯にカラトリの葉にたまった夜露を集めて、すった墨汁で師に習った詩歌を書いて、学問や書、手習いの上達を願いました。

七つの飾りの作り方の動画をご覧下さい。

仙台七夕を見るときは、豪華な吹流しだけでなく、こうした細かい飾り付けにも目を留めてみると楽しみがぐっとアップしますよ。

まとめ

仙台七夕まつりの2015の日程は2015年8月6日(土)~8月8日(月)

仙台七夕の魅力はなんと言っても豪華絢爛な飾り付けではないでしょうか

仙台七夕には欠かせない七つ道具といわれる飾りものがある。

仙台七夕を見るときは、豪華な吹流しだけでなく、こうした細かい七つの飾り付けにも目を留めてみると楽しみがぐっとアップする。

 

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP