タバコはすべてのガンの原因でガンの発症リスクを高める!禁煙外来がおすすめとは?

記事 癌の死亡率の推移は?部位別では?がんを予防する方法は? tabacolisk

では、肺ガンと喫煙の相関関係について説明するとともに、たばこは、他のほとんどのガンにも悪影響を及ぼすことを指摘しました。

確かに喫煙する人は、肺ガンだけでなく、他のほとんどのすべてのガンになりやすいというのは事実です。

ガンになりたくないなら、まずはタバコをやめることです。

ここでは、タバコがガンの発症リスクを高めるをことを明らかにして、効果的な禁煙対策をご紹介します。

スポンサードリンク

タバコはすべてのガンの原因か?

タバコとガンの関連性は

タバコはほとんどすべてのガンとの関連性が指摘されていて、そこにほかの原因が重なれば、ガンになるリスクはさらに高くなります。

ガンと食事、生活様式の関係に焦点を当てた世界的な研究機関、世界がん研究基金-WCRF)の報告によると、ガンを発症する原因の35%が食事タバコは30%という結果でした。

なんと食事とタバコが、ガン発症の原因の65%を占める二大要因になっているのです。

タバコが体に悪い理由は

タバコが体に悪いのは、有害物質が約270種類も含まれているからです。

タバコの主要成分は、ニコチン、タール、一酸化炭素で、依存性があり血管の収縮を引き起こします。

また、タバコを1本吸うと体内のビタミンCが25mgも失われ、碓実に老化を促進します。

タバコはガンの発症リスクを高めるか

タバコを吸う人のガンの発症リスクは、タバコを吸わない人と比べて、喉頭ガン3.3倍、肺ガン2.3倍、甲状腺ガン1.9倍になります。

スポンサードリンク

 

タバコを吸わない人の咽頭ガンというのはほとんどありません。

 

また、タバコを吸う人がガン以外の病気にかかるリスクも高く、タバコを吸わない人と比べて、大動脈癖4.4気管支ぜんそく4.0気管支拡張2.6胃潰瘍2.5
‥‥‥にもなります。

いかにタバコが体に悪いかおわかりですね。

タバコは、「百害あって利なし」なのです。

禁煙外来がおすすめとは?

最近では、適切な禁煙サポートをする医療機関の禁煙外来も増えています。

自力で禁煙に成功した人はわずか5~10ですが、医師の禁煙指導でタバコをやめることができた人は約半数に達しています。

ですから、自力で禁煙できない人は禁煙外来をおすすめします。

喫煙者の皆さん、あなたの健康・長寿のために一日も早く禁煙しましょう。

 

なお、タバコと糖尿病の関係や禁煙外来の費用、その他の禁煙方法については以下の記事でご紹介しています。

喫煙は糖尿病のリスク要因!禁煙もリスクとは?おすすめ禁煙方法は?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

大腸がんの4大リスク要因は?日本の患者数増加理由は?リスク低下対策は?
お酒の悪酔対処法|悪酔いを防止する食べ物は?おすすめサプリは?
梅雨時の体調不良の原因|うつ病が悪化しやすい原因と対策は?
がん細胞は毎日 発生?免疫システムががんを防ぐ?健康で長生きする秘訣とは?  
がんの傾向の変化とは?リスクは半減できる?対策は検診と何?
がん検診のおすすめは?受診方法は?がん対策の備えいつから?
アンチエイジングには抗酸化がカギになる!睡眠やホルモンも大切とは?
がんを予防する食事とは?運動とは?心の持ちようとは?
糖尿病の原因は糖質のとりすぎだけ?脂質は大丈夫か?糖尿病を改善できる食事とは?
糖尿病の自覚症状とは?三大合併症とは?警戒すべき新しい五大合併症とは?
がんの早期発見の方法とは?検診はいつ受ける?検診の方法は?
喫煙と癌の関係は?喫煙率の推移 (厚生労働省)は?アルツハイマーとの関係は?
腸内細菌の数と種類は?善玉菌 、悪玉菌、日和見菌の 割合は?がんやリウマチの原因は?
梅雨時の体調不良の予防対策|偏頭痛の原因と予防対策は?
糖質制限ダイエット実践のコツ|1日の糖質量は?献立は?食材は?

Menu

HOME

TOP